マネジメント研修や社員教育が会社を支える|福利厚生で社員ニコニコ

内容とメリット

説明

個人契約ではなく派遣会社を通して講師を呼べるようになったことで契約成立までが円滑であり、コストなども抑えることができるようになりました。安心して仕事を依頼することができるようになっています。

詳細を確認する...

社員の意識を向上させる

研修

社員教育を行なうことで、新入社員の学生気分を抜けさせることができ、さらに仕事への責任感や意識を向上させることができます。また、同期同士の団結力を深めることができコミュニケーション力も向上します。

詳細を確認する...

福利厚生には二種類ある

男性

企業で働く社員に福利厚生制度を設けることで社員のやる気が向上するという結果が挙がっています。福利厚生とは、給料以外に支払われる報酬のことです。主に社会保険制度がこの福利厚生を代表されています。また、その他にも企業によって福利厚生制度が異なります。中には一人暮らしを支援する住宅融資や社員食堂、社員なら安い価格で生活できる社宅などを設けているところもあります。この会社で働くことでこのようなメリットがあるのだとアピースすることができ、同時に社員が会社を離れるのを防ぐことができるのです。社員に長く働いて欲しいと考えている場合は福利厚生制度を導入しましょう。他社にはない充実した福利厚生を導入することでより社員の満足度を上げることができます。

社会保険制度や厚生年金保険制度など法律によって定められているものは法定内福利と呼ばれています。これは、会社が負担することを法律で定められているので多くの企業がこれらの福利厚生を導入しています。また、上記で述べたような住宅融資や社員食堂、社宅などのその会社が独自で導入している福利厚生のことを法定外福利といいます。法定外福利はその会社が独自で定めているものなので、変更することもできます。中には社員旅行やクラブ活動など、娯楽として福利厚生を導入している企業もあります。自社の負担にならない範囲で福利厚生制度を設けると適切です。どのような福利厚生があるのか知りたい人はインターネットなどを活用し調べてみましょう。

営業を育てる

仕事

良い営業マンを集めることで自然とその企業の業績は右肩上がりになります。今いる営業マンを育成することで自然と会社の業績は飛躍するといえるため、営業研修を行なうと適切です。

詳細を確認する...